病診連携について

以下の病院と連携しています
クリックすると病院のサイトへリンクします

公立昭和病院
東大和病院

サイト内検索

■おしらせ

2018/06/04
平成30年07月のドクタースケジュールを追加しました。
2018/05/01
平成30年06月のドクタースケジュールを追加しました。
2016/04/04
【iTICKET】の使い方を公開しました。

ごあいさつ

2016年2月5日に開院いたしました。
小川町眼科医院は、東大和市徒歩7分のところにある眼科です。患者様一人ひとりにあった最新・最良の医療を目指してまいります。

東大和市・小平市・立川市の皆様の「眼の健康」をトータルサポートしてまいります。専用駐車場をご用意しております。武蔵村山や東村山にお住まいの方もご来院いただいております。



花粉症と眼の症状

目がかゆくなるのはなぜ?

結膜や鼻粘膜には、肥満細胞というアレルギー反応を引き起こす細胞があります。

花粉が目や鼻、口から侵入すると、花粉を取り除くために抗体が作られます。再び花粉が侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質がでて、目がかゆくなります。

この化学伝達物質のことをメディエーターと呼びます。目と鼻は神経を一部共有しているため、目のかゆみは鼻に入った花粉によっても起こります。

目がかゆくなる仕組み
(1)花粉が眼、鼻、口、皮膚などから入ってくる。

(2)リンパ球が花粉(抗原)を異物と認識し、抗体を作る。

(3)抗体が肥満細胞にくっつき、再び花粉が侵入する。

(4)ヒスタミンなどのメディエーターを出す。

(5)目のかゆみ、充血、鼻水など様々なアレルギー症状が引き起こされる。